Nagoya-city-marathon.jp はもう利用できません。 代わりにcity-marathon.nagoya/en/outline を試してください。

日本のマラソン大会

日本では毎年恒例で開催されているマラソン大会が数多くあります。その中でも代表的な大会を2つご紹介します。

東京マラソン

2007年から毎年開催されている、東京で行われる日本最大規模のマラソン大会です。世界の主要なマラソン大会の一つに数えられ、毎年3万人を超える人が参加します。
大きく分けてエリートの部、一般参加の部、車椅子の部に分けられ、エリートの部は第31回オリンピック競技大会の男子マラソン代表選手選考競技会も兼ねています。

一般参加の部は抽選ですが、その人気から倍率が高く、争奪戦と言われます。

2018年最新の東京マラソンの様子は、こちらの動画で見ることができます。
3万6000人が都心を力走=東京マラソン

大阪マラソン

2011年より開催されており、国内では東京マラソンに次ぐ規模で、約3万人が参加するマラソン大会です。この大会に先駆けて、大阪では大阪国際女子マラソンや泉州国際市民マラソンが開催されていましたが、市民にとっては敷居が高く、より気軽に市民が参加できるようにと設置されたのがこの大会です。

市民アスリート枠、チャリティー枠、一般参加枠、車椅子枠などがあり、一般の人に寄り添った大会となっています。抽選方式ですが、過去2年連続で抽選に落ちた人は連続落選者枠の抽選を受け、そこで落ちたらもう一度一般枠で抽選を受けられるなど、配慮がされています。